FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【ご注意】
投稿後ふと思い立ち,水口さんのブログをチェックしてみたところ,過去に紙Copiの紹介記事がありました。

メモにこだわる (その5):時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

どうやら今回のネタ,過去に読んだ水口さんの記事が頭の底にあって生まれたようです(文章にも似た点が…)。
「パクリ」ともとれますので削除しようかとも考えましたが,今後「紙Copiを使ったPoIC」について書きたいと思っていることもあり,ひとまずこの投稿自体は残しておくことにしました。
水口さんからの指示がありましたら,削除したいと思います。

以上のことから「元ネタがある」という前提でお読みください。
-----------------------------------------------------

Webページの丸ごと保存やスクラップを得意とするソフトウェア「紙Copi」(YMIRLINK Inc.)。
自分も日々たくさんのWebページを保存しているのですが,実はこのソフト,テキストエディタとしての機能も大変充実しています。
いや自分の場合,テキストエディタとしての「活用度」の方が圧倒的に勝っているくらい。
すでに有名なソフトですが,非常に便利なので(ブログの保守も兼ねて)自分も紹介してみたいと思います。
なお一応断っておきますが,私はYMIRLINKの回し者ではありません。
信じてもらえるかな?

紙Copiを起動すると,最初に空白の面が表示されます。
その状態から1行目に文を入力すると,自動的にそれがファイル名となります。
さらに随時自動保存が実行されているので,通常の文書作成で必要な「ファイル作成→名前を付けて保存(もしくは上書き保存)」という手間が全くありません。
そのため,文章を書き始めることに対する抵抗が非常に低いソフトとなっています。
これは自分のような筆不精にとって大きなプラスで,まず何か文書を作成しようという時には,何はともあれクイック起動からこの紙Copiを立ち上げる,という癖がつきました。
ちなみに基本的に保存形式はプレーンな「テキスト文書」ですので,あとからWord等で加工するのも,メールに貼り付けるのも簡単。
ますます,書き始めの心理的ハードルが下がります。

さらに「定型文」という機能がまた便利。
「Alt+数字キー」の組み合わせで,事前に登録した文字列をワンタッチで入力することができます。
事前登録も,「定型文」という名のファイルに手を加えるだけ。
しかも紙Copiを常駐させておけば,どのアプリでもこの定型文が入力できるのです。
自分はこれを使ってPoICを実践しており,「紙CopiあってのPoIC」となっています。

紙Copiには,有料版の「紙Copi」と,無償版の「紙Copi Lite」,Webアプリである「紙Copi Net」(こちらも無料)などがあり,自分が使っているのは有償版の「紙Copi」です。
興味のある方は,まずは無償版から使ってみるとよいのではないでしょうか。

紙Copiの公式ページ「Kamilabo.jp」
http://www.kamilabo.jp/index.html

「紙Copi」と「紙Copi Lite」の機能比較表
http://www.kamilabo.jp/copi/feature_diff.html
前回書いた,週刊リフィルを平日と休日を見開きの左右に分けるアイディア。
やはりというか,当然というか,ちゃんと先達がいました。
それはKKJメソッドを提唱されている,水口和彦氏。
本blogでも,以前に言及したことのある方です。
水口和彦氏のブログ,おすすめです。-生活綴り方

上記エントリでも触れたように,私は水口氏のファンで,市立図書館で『超カンタン!時間管理術』を借りて目から鱗が落ちて以来,氏の著書を(『超カンタン!時間管理術』も含めて)全て購入,何度も読み返しています。
そしてこの水口氏が提唱するKKJメソッドの中心に位置するアイテム,『A5システム手帳 - PROFET手帳リフィル』が,まさにこの左右で平日と休日を分けるフォーマットだったのです。

A5システム手帳 - PROFET手帳リフィルって?:時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

水口氏のPROFET手帳はバーチカルのため,私が先日書いたものとは見た目は全く違います。
でも私のアイディアの源がこれであることは,間違いないと思います。
水口さん,どうかお許しを<(_ _)>
それにしても,何度も読み返していながら気付かなかった,私の記憶力っていったい…。
ということで,謝罪ついでに少しKKJの宣伝をさせていただきたいと思います。


「KKJ」とは「カンタン!効果的な!時間管理術」の略。
ネーミングセンスはともかくとして(自分は好きです),氏の提唱するPROFET手帳以外でも実装可能な,大変すぐれた時間管理の手法です。
そして(おそらく)出版物として初めてKKJを公にした『超カンタン!時間管理術』という本は,いわゆる「ムックタイプ」の本で,図解が多くて分かりやすい上に価格が低め。1時間もあれば簡単に読破できるという手軽さが魅力です。
しかし内容はとても濃く,絶対に価格以上の見返りがあります。
氏はいくつかの著作をお持ちですが,KKJのエッセンスのほとんどが,この『超カンタン!』に詰め込まれているといっても過言ではないと思います(あれ?宣伝としては逆効果?)。
超おすすめ!★5つです!

ただ自分の場合,KKJの良さを心の底から実感しながらも,いざ実装しようとするとどうしてもうまくいかなかった所があって,少々悩んでいました。
でも先日,その悩みは解決しました。
繰り返しになるのですが,それは「時間管理」と「期限管理」の混同に気付いたからです。

両者はまったく別物というわけではなく,それどころかKKJはこの2つをきちんと1つの「地図」の上で管理するからこそ,うまくいく手法であると理解しています。
ですが私の場合,分けて考えたことで,(自己流の割合が高くなったものの)改めてKKJをちゃんと実装することができるようになったと感じています。
というのも,これは私の職業が教員という,時間割で半ば強制的に動く(動かされる)特殊なものであるため。
ですから,いわゆるナレッジワーカーの方は,原典どおりに素直にKKJを実践された方が,効果ははるかに高いと思われます。

ということでKKJ,超おすすめです!
今年初めて「超」整理手帳を使い始めたのですが,自分が持ち歩きたい情報量を綴じ込むには非力であることが判明…。
参考資料用に別のアイテムを用意することも考えましたが,管理するアイテムが増えることは置き忘れ等のリスクが増えることも意味するので,これは避けたいところ。
システム手帳に戻そうかと考えたものの,市販のものではどうもしっくりきません。

そこで,パソコンとプリンタを使って,システム手帳のリフィルを自作することに決めたのですが,そのための「思考」錯誤(試行までは行っていない)の中で,なかなかいいアイディアを思いついたので,記録しておきます。

どこかで見たアイディアではないと思うのですが,最近記憶力の低下が著しいのも事実。
もし別の場所でご覧になった方がいらっしゃれば,ぜひ教えていただきたいと思います。

-----------------------------------------------------

今回リフィルを作成するにあたってまず決めたことは,以下の3点。

 ・サイズは「A5判」
 ・用紙は「ルーズリーフ」
 ・フォーマットの基本は「能率手帳タイプ」


サイズに関しては少々大きすぎるかとも思いつつも,ガンガン書きこむことを優先した結果である。

 「カレンダーは聖域であり,その日に必ず実行するもののみを書くべし」

という教えがあるのは分かっているが,それよりも,

 「ひとまずここに書いておけば安心」

という場所を作ることを優先した。

用紙を6穴のシステム手帳用のリフィルではなく,20穴のルーズリーフにしたのは,入手性の良さと単価の安さを優先したため。
資料を綴じ込もうとすると20穴をあける必要があるのが弱点だが,ルーズリーフに直接印刷したり,貼り付けたりという手もあるし,穴を開けてまで綴りたい資料はごく一部に限られているので,大きな負担にはならないと判断した。
なお20穴を開けることができるパンチは職場にあるので,軌道に乗るまでは職場で穴をあけることにする。

フォーマットの基本を「能率手帳タイプ」にするのは,学校現場が1週間単位で動いているため。
「超」整理手帳はこのフォーマットを基本としながら,2週間以上の長いスパンをとらえられるように工夫されている。
その良さは,実際に使ってみて良く分かったのだが,ではいつも2週間以上が見えていなくてはならないかというと,そこまでの必要性も感じられなかったというのも事実。
週末や一日の初めに,むこう2~3週間分の予定をざっとチェックすれば,事足りると思う。
バーチカルにすることも考えたが,前回の読書で自分に必要なのは時間管理ではなく期限管理であることが分かったので,やめにしておいた。

さて,ここからが本題。

書き込みスペースの広さを確保しようと選んだA5判だが,実際の能率手帳のように見開きの左側に月曜から日曜までの一週間を集めてしまうと,1日あたりの面積は小さくなってしまう。
これではガシガシ書きこむという当初のねらいが達成できない。

また,右ページは完全に空白になるのも気に食わない。
かつて能率手帳タイプを使っていた時期,この右側ページがうまく活用できず,いつももったいないと感じていた貧乏性な自分。
これは,別立ててメモ帳を携帯していることや,参考となるようなメモは当該日の欄に直接書くので,特にメモスペースを必要としないことが原因。
さらに元の案件から離れた場所(といっても向かい側だが)にメモを書くと見落とすのではないか,という不安感もある。

左に「月・火・水」,右に「木・金・土日」という構成にする手もある。
こうすれば一日あたりの面積が広くなるし,実際このフォーマットを愛用していた時期もあるのだが,問題点があった。
平日が左右に分かれてしまうため,一週間の仕事の流れがとらえにくいのだ。
一週間を1つの流れとしてとらえることができることの分かりやすさ・気持ちよさは,「超」整理手帳を使っていて感じた大きなメリットであるし,多くの人々が能率手帳タイプを支持する理由だろう。(これが分かっただけでも「超」整理手帳を3ヵ月使った甲斐があった?)。

一日の書き込みスペースを確保しながら,1週間の仕事の流れも見やすいフォーマット…。
どうしたものかと悩みながら,風呂場で頭を洗っているときに思いついたのが!…(ドラムロール)

 「平日」と「週末」で区切る手帳

だ!!(ジャーン!)

平日(月~金)を片側1ページに収めることで,1週間の流れを確保。
一方,休日である土日は隣のページに切り離すことで,平日1日当たりの面積も確保できる。
フリースペースもある程度限定されて,貧乏性な自分としても一安心!?

これだけでも,自分としてはすごいアイディアなのだが,さらにもう一工夫。
それが…(ドラムロール)

 「土日から始まる手帳」

だ!!(ジャーン!)

「一週間は金曜から始めなさい」ということを言うライフハッカーが何人もいる。
そのものズバリのタイトルの本もあるようだ。
金曜に今週の総括をし,来週の予定を立てることで,週末をリラックスして過ごし,スムーズに月曜日を迎えようというアイディア。
これを具現化するリフィルを自作するのだ。

具体的には…

 【左ページ】
  ・上の5分の3はフリースペース。今週の反省や,来週のタスクなどを自由に書く。
  ・メモスペースとして開けたままでもよい。
   メモスペースが足りなくなれば,空白リフィルを追加したり,Post-itで拡張する。
  ・下の5分の2は,それぞれ「今週末」の土曜日と日曜日のスペース。
  ・週末はそれほど細かな予定等があるわけではないので,場合によっては5分の1
   を左右に分割して土日としてもよい。その場合はフリースペースが広くなる。

 【右ページ】
  ・能率手帳タイプと同じ方向に5分割して,月~金を割り当てる。
  (曜日のみのフォーマットとし,日付はその都度書き込むようにするのも手)
  ・その日にすべきことを,どんどん書き込むスペースとする。
   スペースが足りなくなれば,しょうがない…左のフリースペースにメモする。


イメージできるだろうか?
この形のメリットは…

 1.平日が縦に並ぶので,仕事の流れを意識しやすい。
 2.よく使う平日欄が右にくるので,書き込みの際にリングが邪魔にならない。
 3.「一週間は金曜日から始める」の意識を,手帳が形として示してくれる。
 4.To-Do等をプリントアウトしたものを挟みこんだり,穴を開けて綴っても,
   休日側に置いておけば平日部分はちゃんと見える。
   この場合,左ページがTo-Do一覧,右ページがスケジュール一覧となる。


といったところ。
もちろん,左右逆にしても運用可能。
その場合は2と3のメリットが無くなるが,一週間は月曜日から!という「常識的」な意識には合いやすいだろう。

-----------------------------------------------------

どうでしょう,このアイディア。
今は忙しくて実現していませんが,近々「思考錯誤」から「試行錯誤」へとステップアップしたいと思っています。
ご意見・ご感想,もしくは「それってここに書いてあるのといっしょだよ」といった情報があれば,ぜひお寄せください!
オダギリ展子 著
幻冬舎 2008年
著者Webサイト オフィス事務の効率学  http://www.office-jimu.com/

すぐに実践できるTipsがいくつも紹介されており,今日からすぐに実践したいものも多い。
無駄を省き,効率よく仕事をすすめるためのTipsの数々なのだが,その根底にあるのは,「ミスを起こさないための工夫」。
業務をスッキリさせることで,すみずみまで見通せるようになり,それがミスを防ぐことにつながる。

ついつい整理整頓自体や,それによる時間短縮ばかりが目的になりがちな自分にとって,「ミスを防ぐための整理整頓」という考え方は,目から鱗であった。
特に第1章 「No.2 書類の紛失・混同をさけるためは~」,「No.3 作業が一段落したら~」などは,今すぐに実践しなければならない。

ミスによるやりなおしなどの無駄な時間(や信用の失墜)を無くせば,結果的に仕事にかかる時間が短縮される。
急がば回れの仕事術と言えるかもしれない。


さて,このように本来の内容だけ見ても,大いに収穫ありの本書なのだが,自分にとってもっともインパクトがあったのは,読後に訪れた著者のサイトで見つけた以下の言葉。

 私がしていたのは「時間管理」ではなく「期限管理」だったのですネ!
 何だか眼からウロコが落ちたようです!
   18)時間管理


これはまさに,私のために書いて下さったかのような文章!
そうだったのか!と,こちらもまさに目から鱗の思いである。
ただし私の場合,

 私にとって必要だったのは「時間管理」ではなく「期限管理」だったのですネ!

となるのだが。

教師という職業は,「時間割」という,ほぼ一年間変動しないタイムスケジュールを使う。
自分で思い通りに仕事の計画を立て,実行する余地など,日中にはほとんどない。
いわば常に時間管理されているようなもの。
そんな自分にとって必要なのは,「時間管理」ではなく「期限管理」だったのだ。
だからこれまで「時間管理」の本を読み,その内容に共感し,実践しようとしても,何か違和感を覚え続けてきたのだ。
もちろん,放課後やプライベートについては今後も「時間管理」が必要なのであるが,それよりもまずは日々の仕事をきちんとこなすことの方が,今の自分にとっては優先順位が高い。

いやあ!これですっきり!
著者は,今後「私流の「時間管理術」を考えてみることにしました!」と述べているが,自分はまず著者の「期限管理」術を参考に,しっかりと日々の事務処理等を果たしていきたいと思う。
今回,小学校指導要領が改訂され,「外国語活動」が新設されました。
ブログの保守も兼ねて,それに関して思うことをつらつらと書きます。


学校教育における「国際交流活動」や「外国語活動」を考える時,私は無意識に「日本に来た外国人との交流」を想定してきたように思う。
日本に来る外国人は,(わざわざ日本に来るぐらいなのだから)日本についての興味も情報も持っている。
結果,交流に際してはこちらから日本をアピールする必要はなく,意思の疎通と,相手の外国人を知ることがその中心となる。
そのため国際交流といいながら,その内容は外国の言語や文化を知る活動となっていた。
今回の小学校指導要領の改訂で新設された「外国語活動」は,まさにこの限定的な考えの延長線上にあるのではないだろうか。

だがこのような状況は,国際交流の中でも,非常に特殊な例にすぎないことに,最近ようやく気づいた。
日本に来る外国人は,外国人の中でもほんの一握りにすぎない。

これからの時代,日本ということをほとんど知らない人々との交流こそが,国際交流の基本になると思う。
たとえば,自分が外国でホームステイをする状況を想定すべきだろう。
そして悲しいかな,(自分の経験からいっても)実際の国際社会では,日本という「国」はほとんど理解されていないといっても過言ではない。
そのため交流を行おうとすれば,まず相手に日本という国を,そして自分の生まれ育った県や市を知ってもらうところから始めねばならない場合がほとんどとなるだろう。
はたして,今の日本人に,日本の子どもたちに,どこまでそれが可能だろうか。

これは日本と経済的な結びつきが強い国においてでも同様だ。
もちろん,トヨタやソニーといった「企業」は認識され,評価されている。
だがそれは「企業」であって日本という「国」ではない。

では「国」とは何か。
国家同士の交流であれば,それは「政府」ということになるのであろうが,民間の交流であれば,それは「民族」や「文化」を指すのではないだろうか。
言語,歴史,生活習慣,文化遺産といった,いわばその国に住む人々が育み,受け継いできたものこそが,「国」と呼ぶべきものなのだと思う。
そしてこの意味での,国際社会における日本という「国」の認識は,悲しいほど小さい。
サムライ,ニンジャ,スシといったイメージがあればまだいい方で,実際は韓国や中国といっしょくたにされている。
そして当の日本人もどこまで母国の文化を理解しているのか,自分を含めて少々心もとないのが現状である。

国際社会に生きる日本人を育てたいならば,「外国語活動」を新設する前に,今まで以上に日本という「国」を学ぶ場を整えるべきだと思う。
それはアイデンティティとしての日本を,しっかりとした知識として身につけるための場である。
もちろん,外国語,特に英語を学ぶことは,国際社会を生きていく上で有効である。
だがそれはあくまで手段としてであり,少なくとも小学校では,それ以前に学ぶべきより大切なことが,もっと他にあると思うのだ。
具体的には,文化を形成する基本の一つである母国語を教える「国語」。
そして学習が発達段階に応じて,
  町(1・2年)→市(3年)→県(4年)→国(5年)→日本の歴史(6年)
と進む「社会科(生活科)」。
これらが特に大きな役割を果たすであろうし,指導する側もこのような意識をもって授業を展開しなくてはならないと思う。
「外国語活動」を新設をする余裕があるならば,より国語科や社会科の充実を,文科省には狙ってほしかったと思うのだ。

「愛国」という言葉が,非常に危険な言葉として扱われるようになって久しい。
だが,国民が愛さない国が,国民にとって住みよい,幸せな国になり得るとはとても思えない。
愛があるからこそ,より良くしたいという願いも生じると思うのだ。
そして,愛はまず知ることから始まる…ってこれは恋愛?

将来の日本を作り上げていく子どもたちに,自分の国を愛し,より良くしたいという心を育むこと。
そしてそれを,知識としても保障すること。
これらが,これからの教育には求められていると思う。

最後に私の大学時代の恩師が紹介して下さったことばを紹介したい。

  私たちは、ある国に住むのではない。
  ある国語に住むのだ。
  祖国とは国語だ。
  それ以外の何ものでもない。
               シオラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。