FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
21日(日)NHKスペシャル「“グーグル革命”の衝撃」を見た。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070121.html

最近この時間は,子どもを寝かしつけながら自分も寝てしまうという「魔の時間帯」なので,大好きなNHKスペシャルもとんとご無沙汰になっている。
いや,子どもができてからは,この時間帯に限らず,本当にテレビを見なくなった。
しかし今回は普段から愛用している「Google」の話とあって,俄然興味が湧き,何とか起きていることができた。

見終わっての感想は,「こえ~!」

まず,技術者たちの様子が,まるでマッドサイエンティストのように見えたのが怖かった(嫉妬心からかもしれないが)。
自分たち選ばれ者がもっている力を存分に使える喜び,そして自分たちが生み出した力が世界を変えつつあることの満足感に満ち溢れた笑顔。
もしかしたら,核を開発した人々も,同じような顔をしていたのではないだろうか?

ユーザーたちが,まるで依存症患者のように見えるのも怖かった。
特にヘビーユーザーというわけでない人についてもだ。
Googleからの収入で生活しているという人物は特にすごかった。
彼の場合,現在の生活だけでなく,過去の記憶すらGoogleに依存している部分が増えつつあり,またそれを心地よいものと感じているそうな。
そんな彼にとっての未来とはいったいどういうものになるのか…。人事ながら気になってしまった。

そして自分もまた,その依存症患者の一人になっているという事実が何よりも怖い。
1日10億回以上の検索が行われているとも言われているらしいが,自分も数年来の愛用者の一人で,一日10件以上は検索しているんじゃなかと思う。
Googleのはじき出す結果に,何ら疑問をもたず,安心しきってネットサーフィンをしてきた自分。
そのサーフィンが乗っている波が,誰かによってコントロールされている可能性にも気づかずに。

情報リテラシーという言葉を耳にするようになって久しい。
だがその目は,検索の末にたどり着いたページにのみ,向けられてきたように思う。
だがこれからは,検索結果自体にも,その冷静な目を向けていかねばならない時代になったようだ。

なんとなくプライバシーを侵されるようで,導入に二の足を踏んできた「Googleデスクトップ」。
もう絶対入れられんな…。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://satonobo.blog89.fc2.com/tb.php/5-a98e588b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。