FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※間が空きました。
 今回からふたたび語尾を「である調」に戻します。
 ただでさえ,自分の文章は冗長なのですが,「ですます調」はそれに拍車をかけるように感じたからです。
 また,自分のメモは基本的に「である調」であり,それをいちいち変換するのが面倒臭くなった,というのも理由です。
 つくづく面倒くさがりです。


自分が常に手元で管理・確認したい情報,およびそのためのアイテムは,

 ・ユビキタスキャプチャー(MOLESKINE)
 ・ToDo管理(測量野帳)
 ・スケジュール(システム手帳)

の3つであることを,以前書いた。
このうち,ユビキタスキャプチャーに関しては,『情報は1冊のノートにまとめなさい』で紹介されているA6ノートに移行実験中である(前回のエントリー)。
だが,これら3つノート類を常に身につけていることが難しく,困っている。

特にスケジュールを管理しているシステム手帳が問題である。
かさばるため,とても尻ポケットには入らず,基本的に職員室に置きっぱなしになりがちだ。
すると教室や廊下で翌日以降の予定を知りたくなっても,すぐその場では分からず,後から確認しなおす必要(手間)がでてくる。
時には,その確認をうっかり忘れてしまうことも…。

そこで能率手帳に代表される「綴じ手帳」タイプのスケジュール帳の導入を検討してみた。
これならば尻ポケットに入る!
もともとメモ部分が少ないことが不安で,これまでスケジュール管理にはシステム手帳を使ってきたが,メモを別に管理するようになった現状ならば,その必要も無くなった。

ところが,これで解決かと思ったところで新たな問題が浮上した。
スケジュール帳「だけ」ならば尻ポケットに入るのであるが,2つの尻ポケットは既にA6ノートと測量野帳に占拠されてしまっているのだ。
1つのポケットに2冊以上いれてみようとも思ったが,どうも取り回しが悪い。
となると,3つのうちのどれか,できれば3つとも,一つのアイテムに集約したくなってくる。

携帯電話を使えば,これは容易であろう。
だが職員室ならばともかく,教室で携帯電話を子ども達の前で取り出すのは,抵抗がある。
PDAという手も考えたが,高価だし,何より子ども達と一緒に活動する日々の中では,その耐久性に不安が残る。
となると,やはりアナログによる情報管理ということになる。

ということで,改めてノート類チェックし,その候補を探すことにする。
最右翼はやはり『情報は1冊のノートにまとめなさい』で取り上げられたA6ノートになるだろう。
A6ノート自体にスケジュール管理をする機能はないが,印刷物を貼り付けることで,それを補う方法も示されている。
多少不安のある形なのだが…。
これまでユビキタス・キャプチャーのアイテムとしてA6ノートを検討してきたが,スケジュール管理まで含めての再検討を新たに始めることにする。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://satonobo.blog89.fc2.com/tb.php/27-d6373c5f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。