生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
(ネタばれ注意…かも?)
ふとテレビをつけると,仮面ライダーシリーズをやっていました。
久しぶりなので思わず見てしまったのですが,どうも様子がおかしい。
息子が小さい時,いっしょに見ていた時期の主人公ライダーが出ているではないですか。
でも変身前の人物は別人。
混乱しつつも,その不思議な感覚にひきつけられ,最後まで見てしまいました。

その後,いったいどういう設定なのかが知りたくなり,Wikipediaで調べてみたところ,以下のような記述が。

仮面ライダーディケイドは本来の姿の他、『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーキバ』までの主役ライダー9人と併せて、主役ライダー10人に変身することができる。ディケイドライバー(変身ベルト)からディケイドの虚像9体が円周や直線の上に出現し、士の実体と併せ10の像が1つになってディケイドに変身する。また、ディケイドが変身する仮面ライダーとは別に、本来の主役ライダーや、主役以外のライダー達も次々と登場。ディケイドは各作品の世界を巡り、ライダーや怪人と戦っていく。
仮面ライダーディケイド - Wikipedia


これは(少々商売の匂いがしますが)なかなか面白い設定です。
でも同時に,どこかで聞いたような気が…。
そこで思い出したのが,マイケル・ムアコックのファンタジー小説,『エターナル・チャンピオンシリーズ』です。

ムアコックが戦士エレコーゼを主人公とした作品を書いた際、彼はこれまでに創造した主人公たち、メルニボネの最後の皇帝エルリック、ヴァドハーの最後の生き残りである紅衣の公子コルム(Corum Jhaelen Irsei)、ケルン公ドリアン・ホークムーンなどが、皆「エターナル・チャンピオン」と呼ばれる存在の化身であるという設定を付与した(中略)そして、各人物は己の人生しか記憶していないが、エレコーゼのみはすべての人格を(完全にではないが)記憶しているとして、エレコーゼを全作品の中心人物としたのである。
永遠の戦士(エターナル・チャンピオン)は、『天秤』(『法』と『混沌』の均衡を保つ存在)の代理として、法と混沌のバランスが崩れた際にどちらかの側に顕現し、バランスを取るために戦う戦士であり、永遠に転生を繰り返すことを宿命づけられ、多元宇宙のサイクルすべての転生を戦いに捧げる存在として書かれている。(中略)
彼らの異なる顕現が一堂に会する事ができるのはタネローンでのみとされており、それ以外での接触はあまり芳しくない影響が出るものと思われる。(中略)ただし例外もあり、ヴォアロディオン・ガニャディアックの塔を巡る戦いではエルリック、コルム、エレコーゼの三戦士が共に戦った(ルーンの杖の力が働いていたとも考えられる)。
エターナル・チャンピオンシリーズ - Wikipedia


異なる世界として描かれていた作品が,実は一つの世界の多元的存在であったという設定。
そして時にはその世界の壁を越え,それぞれの主人公が同時に存在することもある。
似てませんか?
似てないかなぁ…。

ちなみにこの『エターナル・チャンピオンシリーズ』の中で,特に私がハマった作品が『エルリック・サーガ』。
私が高校生だったころ,ファンタジー小説がちょっとしたブームで,ドラゴンランス戦記やロードス島戦記等,いろんな作品を読んだのですが,中でもこの『エルリック・サーガ』はその悲劇性や,設定の奥深さから特に印象に残っています。
そういえば,テーブルトークRPGというゲームもやったものです。
なつかしいなぁ。

きっと今回のディケイドの中核スタッフには,このシリーズの愛読者がいると思いますよ!
それにしても,改めて『エルリック・サーガ』が読みたくなりました。

ストームブリンガー!ストームブリンガー!

-----------------------------------------------------
追記:
検索をかけてみたところ,同じような感想を持たれた方が他にもたくさんいらっしゃるようで。

~続・釣れ釣れなるままに★その日暮らし~ ディケイド

上の方は年齢も30代後半ということで,まさに同世代。
なんだかとてもうれしくなってしまいました。
スポンサーサイト
【ご注意】
投稿後ふと思い立ち,水口さんのブログをチェックしてみたところ,過去に紙Copiの紹介記事がありました。

メモにこだわる (その5):時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

どうやら今回のネタ,過去に読んだ水口さんの記事が頭の底にあって生まれたようです(文章にも似た点が…)。
「パクリ」ともとれますので削除しようかとも考えましたが,今後「紙Copiを使ったPoIC」について書きたいと思っていることもあり,ひとまずこの投稿自体は残しておくことにしました。
水口さんからの指示がありましたら,削除したいと思います。

以上のことから「元ネタがある」という前提でお読みください。
-----------------------------------------------------

Webページの丸ごと保存やスクラップを得意とするソフトウェア「紙Copi」(YMIRLINK Inc.)。
自分も日々たくさんのWebページを保存しているのですが,実はこのソフト,テキストエディタとしての機能も大変充実しています。
いや自分の場合,テキストエディタとしての「活用度」の方が圧倒的に勝っているくらい。
すでに有名なソフトですが,非常に便利なので(ブログの保守も兼ねて)自分も紹介してみたいと思います。
なお一応断っておきますが,私はYMIRLINKの回し者ではありません。
信じてもらえるかな?

紙Copiを起動すると,最初に空白の面が表示されます。
その状態から1行目に文を入力すると,自動的にそれがファイル名となります。
さらに随時自動保存が実行されているので,通常の文書作成で必要な「ファイル作成→名前を付けて保存(もしくは上書き保存)」という手間が全くありません。
そのため,文章を書き始めることに対する抵抗が非常に低いソフトとなっています。
これは自分のような筆不精にとって大きなプラスで,まず何か文書を作成しようという時には,何はともあれクイック起動からこの紙Copiを立ち上げる,という癖がつきました。
ちなみに基本的に保存形式はプレーンな「テキスト文書」ですので,あとからWord等で加工するのも,メールに貼り付けるのも簡単。
ますます,書き始めの心理的ハードルが下がります。

さらに「定型文」という機能がまた便利。
「Alt+数字キー」の組み合わせで,事前に登録した文字列をワンタッチで入力することができます。
事前登録も,「定型文」という名のファイルに手を加えるだけ。
しかも紙Copiを常駐させておけば,どのアプリでもこの定型文が入力できるのです。
自分はこれを使ってPoICを実践しており,「紙CopiあってのPoIC」となっています。

紙Copiには,有料版の「紙Copi」と,無償版の「紙Copi Lite」,Webアプリである「紙Copi Net」(こちらも無料)などがあり,自分が使っているのは有償版の「紙Copi」です。
興味のある方は,まずは無償版から使ってみるとよいのではないでしょうか。

紙Copiの公式ページ「Kamilabo.jp」
http://www.kamilabo.jp/index.html

「紙Copi」と「紙Copi Lite」の機能比較表
http://www.kamilabo.jp/copi/feature_diff.html
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。