FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ただ「ヤバい」と言っていても,状況は変わらないので,ちょっと考えてみた。

自分の力不足が一番の原因であることは分かっている。
時間が足りないのは,仕事を処理できていないから。
早く帰る教員,残業を全くしない教員もたくさんいるし,家事をこなしながら,教職を立派にされている方もたくさんいる。
そう思うと,自分はあまりに…。
だが能力の問題だけに,これを今すぐ解消するのは無理。
※blogを書く時間を削るのも有効かもしれない。
 でも,これは自分にとっての「筆算効果」 と思っているので,もう少し続けたいと思う。
  ■「筆算効果」と「筆算理論」: 用語解説
    :時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

とすると頼みの綱は「Lifehack」だ。
能力が足りない部分は,より良い習慣,生産的なシステムで補うという思想。
できるだけ状況の影響を受けない,いわば「生産的な生活の半自動化」。
そんな中思いつくのは・・・
 「コミットする仕事の厳選」
 「細切れ時間を有効活用する習慣」
 「上手な手抜き=仕事の軽重の判断」etc.
どれも頭では分かっているのだけれど,実行に移せていないことばかり。
いや,情報として手に入れて満足しているだけで,本当の意味での理解にまでは至っていないのだろう。
頭でも分かっていないのだ。
かといって,いつまでも本を読んでいても,現実は変わらない。
ともかくここまできたら,小さなことでも実践にうつし,その中で学んでいかなければならないのだろう。

では,何から始めようか?
一度足をとめてじっくり考えたいところだが,そんな時間は当分とれそうもない。
かといって闇雲に始めても,続きそうもないし…。
いや,ここは一つ

 歩きながら考える

でいこう。
ともかく昨日とは違うところに立っていよう。
それが目下の目標だ。

------------------------------------------------------------

「歩きながら考える」って誰の言葉かと思って検索をかけてみたが(これが時間の無駄?),
どうもうまくヒットしない。
誰の名言というわけでもないのかな。
そんな中,以下の言葉がグッときた。


     歩きながら考えることである。
     考えてから歩こうとすれば、
     いつになっても歩くことはできない。
                    加藤締三

 ■ひとみの○印 第639輪 ●歩きながら● [まぐまぐ!]

 
加藤氏のことは,寡聞にして存じ上げなかったが,この言葉は覚えておきたいと思う。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。