FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『夢十夜 他二篇』
夏目漱石作
岩波文庫 1986年


高校時代だったか,中学時代だったかに,このうちの一篇,「第六夜」を教科書で読んだ。
運慶が仁王を彫る話である。

夢の中では不条理も道理となる。
その不思議な感覚は,誰しも経験したことがあるだろう。
それが鮮やかに切り取られ,眼前に差し出されたショック。
目が覚めながら,夢を見ているような感覚を,この物語を読めばいつでも味わえる。
あっという間にこの世界の虜となった。

『ショートショートの広場1』を読んだ後,無性に読みたくなり,久しぶりに手にとってみた。
もう知っているはずの,しかもまさにショートショートな長さであるにもかかわらず,最後の行までその世界の虜にされてしまうこの感覚。

「それで運慶が今日まで生きている理由もほぼ解った。」

そう,解るのである。夢の中だから。
快感だ。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。