FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日,Clip-on Slimのことをべた褒めしたが,あのリフィル入れ替え作業を実際に行ったのは,2008年3月12日(水)の夜であった。
どうしてそこまで正確に分かるかというと,インクがどのくらいもつのかを知りたくて,手帳に記録しておいたからである。
ただし,ユビキタス・キャプチャーではなく,スケジュール帳の方にだが。

そして今日,いきなり黒のインクが切れた。
ということで,インクの使用期間は3月13日(木)~3月24日(月)の12日間となった。

しかし定価1本105円のインクが2週間持たないとは。
安売りをする店で1本75円で手に入れているとはいえ,これはなかなか不経済な話だ。
だが他のものには代えがたい。
なめらかでありながら,鮮やかに発色するこのインクだからこそ,続けて書きたくなるし,書くこと自体をストレス無く楽しめているのだと思う。

三菱の「ジェットストリーム」も,油性ながらすばらしくなめらかな書き味だし,
TOMBOWの新製品の「AirPress」も,店頭で見本を試用した限りでは,同様の書き味を感じさせてくれた。
だが発色の点,特に書き始めた直後からのあざやかさで,やはりゲルに軍配を上げざるを得ない。

0.4mmのリフィルならば,インクの出から考えて,もう少しもつのだろう。
だがそうすると,この太さだからこそのなめらかさを犠牲にしてしまう。
悩ましいところである。

まあ当分の間は,ささやかな贅沢として楽しむことにしよう。


p.s.
今回もリフィルの換装後,レバーの戻りをスムーズにするのに時間がかかった。
同種のペンが全てシビアな設定なのか,個体差があるのかは分からない。
ともかくリフィルの方向を微調整しながら出し入れしたところ,以前のスムーズさを取り戻せて一安心。
またバリバリ書くぞ~!
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。