FC2ブログ

生活綴り方

生活綴り方とは,日々の生活を文章にして綴ることで、自らの生活を見つめなおし,生活を向上させようとする教育実践・・・だそうです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて,MOLESKINE使ってみての感想だが,まず最初に思ったのが,
「ページ番号の記入が大変!」

これまで使ってきた野帳にも,mehoriさんのまねをしてページ番号を振ってきた。
ただし手を抜いて,奇数ページにのみに。
そして主な記事を書くたびに,最終ページにページ番号を記録し,簡単な目次を作ってきた。
ところが実際にやってみると,偶数ページだった場合に行う-1の計算が意外に面倒なことに気づく。
そこで今回は,偶数ページにも番号を振ることにした。
これで手間は野帳の2倍。

さらに今回はページ数が倍以上あるので,さらに×2で,手間は4倍。

そして更に予想外の手間が発生。
原因は,インクの乾き(染み込み)具合が,これまでの野帳と違ったこと。

自分はゲルインクのボールペン(HI-TEC-C Coleto + Clip-on multi)を使っているのだが,乾くまでの時間が,これまでの野帳よりもわずかに(1~2秒?)長い。
そのため,テンポ良く数字を書き込もうとパッパとページをめくり,記入すると,重なり合ったページのインクがそれぞれ相手側にうつってしまうのだ。

せっかくの「高級ノート」だから,できればきれいに使いたい(この時点でユーザー失格?)。
でも時間はあまりかけたくない。
そこで,書き終わったページの間には別の紙片を挟んでインクうつりを防止し,見開き分を書き終わるごとに,その紙片を移していくという作業を行った。
これで手間はまた×2。

結局,以前の約8倍もの手間をかけて,192ページにおよぶページ番号の記入は終了した。
おっちょこちょいなので,途中でページ番号を飛ばすのではと心配したが(実際,あやうく飛ばしそうになった),何とか最後までミスなく書き込めた。
しかし精神的には相当なダメージが残った(根性なし)。

次回は信頼文具舗で紹介されている「LEUCHTTURM1917」の「AGENDA POCKET」にしたくなった。
あちらも1,470円と,自分にとっては高級ノートなのだが,はじめから全ページ番号がふってあるのだ。
根性なしとしては,こちらの方が続けられそうな気がする・・・。
いや,自分で番号を振るからこそ,愛着も湧こうというものか?
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。